ヒゲ脱毛をしたことは彼女や職場の同僚にはバレないのか?

脱毛したことはマスクだけで隠し通せるのか?

 

ヒゲ脱毛を受ける時に不安になる部分ですよね?

僕も初めて脱毛した時は、会社の人に脱毛したことがバレないか心配でした。

 

ただ、基本的に脱毛がバレることはありません。

僕の場合は普通に出勤して、普通に女性のスタッフとも話をしていました。

 

何年か経って、「実はあの時、ヒゲ脱毛してたんだよ~」という話をしたのですが、その時も「全く気づかなかった~」と言っていました。

なので、マスクが着用できる職場であればなおさらバレる確率は低いです。

 

ヒゲ脱毛の翌日は会社でバレるのか?

ヒゲ脱毛をした後の心配事といえば泥棒ヒゲと毛嚢炎が浮かびます。

僕も、翌日が仕事という状況で脱毛を受けた事があるので、泥棒ヒゲや毛嚢炎に対する周りの反応というのはとても気になりました。

 

ただ、実際には誰にも気づかれることはなかったので、あまり心配しすぎる必要はないというのが正直な感想。

自分ではまじまじと鏡を見ているから気になりますが、他人はそれほど人の顔を見ていないものです。

 

もしかすると恋人や親しい友人などは「何か雰囲気が違うね?」とか、「ヒゲがちょっと濃くなった?」と気づくかもしれませんが、それが脱毛したからだと思う人はいないと思います。

 

特にマスクをして過ごせる職場であればバレる心配はありません。

 

これが実際の脱毛直後の状態。

脱毛の影響で肌がボコボコしていますが、この状態をみて医療脱毛したと分かる人がいたらそれはその道のプロです(笑)。

 

 

泥棒ヒゲって何?脱毛後はマスクが必須?

ただ、医療脱毛でレーザー照射を受けた後は赤みが出たり肌がゴツゴツしてしまうのは事実です。

なので、仕事柄マスクができないという場合は休みの前日に脱毛するのがおすすめ。

 

バレるバレないではなく、多少の痛痒さなどもあるので自分が気になって仕事に集中できないということもあります。

 

泥棒ヒゲもマスクをしていれば隠し通せると思いますが、状態は人によって様々なので、絶対にバレたくないという場合は休みの前日の脱毛が確実です。

 

関連記事→泥棒ヒゲの期間はいつまで続く?発生の原因と対策方法!

 

僕は脱毛後にマスクをしなくても会社の同僚にもお客さんにもばれなかったし、女の子とご飯を食べに行っても何も言われることはありませんでした。

なので、「あまり泥棒ヒゲに対して神経質になる必要はない」と思っています。

 

毛嚢炎(もうのうえん)の対策方法

そして、脱毛後のもう1つの心配事が毛嚢炎。

毛嚢炎とは真ん中に黄色いうみがたまった膿疱(のうほう)のことです。

 

脱毛後に黄色っぽいニキビのようなものができる事があるのですが、それが毛嚢炎です。

毛嚢炎もできやすい人とできにくい人がいるようで、ひどい人は数カ所に毛嚢炎ができてしまします。

 

毛嚢炎はヒゲが抜けた毛穴にばい菌が入ってしまうことで発生。

つまり、脱毛後にばい菌のついた手でベタベタ触ったするのが原因です。

 

毛嚢炎ができないようにする対策としては、とにかく肌の保湿をして脱毛後の皮膚を清潔に保つという2点だけ。

お風呂に入ってゴシゴシ洗顔したりするのも禁止です。

 

僕も小さな毛嚢炎が1つ2つできましたが、ヒルドイドローションという保湿剤を塗っていたらいつの間にか治っていました。

 

 

毛嚢炎に関しても必要以上に心配することはないので、こまめに保湿クリームを塗って脱毛箇所を清潔に保っておくことを心がけましょう。

 

ヒゲ脱毛は必ず医療脱毛で

僕がヒゲ脱毛をして思ったこと、それは絶対に脱毛は医療脱毛を選ぶべきだということです。

その理由は肌トラブルがあった時に薬の処方や診察が可能だから。

 

この部分は本当に大きいです。

実際に僕はアトピー症状があり、脱毛後にひどい肌荒れを起こしてしまったことがありました。

 

この時は肌がガザガサになって赤みがでた挙句、ハンパなく痛痒いという三重苦。

でも、前もってもらっていた薬を塗ったらすぐに症状が治まりました。

 

この時は本当にエステ脱毛にしなくて良かったと実感しました。

僕の場合はもらっていた薬ですぐに解決しましたが、それでも治らなかった時のことを考えるとやっぱり医療脱毛が安心。

 

僕が通っているメンズリゼも毛嚢炎などのトラブルがあった場合は無料で優先的に診察してくれます。

コレが僕がメンズリゼを選んだ理由なのですが、診察や薬代(内服薬・軟膏)が無料なので、脱毛を受ける方としても安心です。

 

毛嚢炎の跡や火傷跡が顔に残ることになったら、脱毛どころの話ではないので、あなたが毛嚢炎やヒゲ脱毛後の肌トラブルを心配しているなら、必ず医療脱毛を選ぶようにしましょう。

 

エステ脱毛は確かに料金は安いですが、病院ではないので永久脱毛ができないばかりか、何か肌トラブルがあっても薬の処方ができないので、僕はおすすめしません。

 

まとめ

泥棒ヒゲは鏡をまじまじと見てしまう本人にとっては気になるところですが、他人からするとそこまで気になるものではありません。

なので、必要以上に気にすることもないし、どうしても気になる場合はマスクをしていれば大丈夫です。

 

毛嚢炎に関しては保湿をしっかりしておけば大丈夫ですが、個人差があることなので万が一の場合を考えて、必ず脱毛後の肌トラブルに無料で対応してくれる医療脱毛を選ぶようにしましょう。

 

僕が通っているメンズリゼは毛嚢炎などの肌トラブルがあった場合には無料で優先的に対応してくれ、診察料や薬代も無料なのでおすすめです。